春のレッドスピナー


 先日、某渓流へ行ったときレッドスピナーにマッチする小型のメイフライのハッチを確認しました。

 

 春のシーズンは比較的小型のカゲロウ類が多いので、スタンダードミッジドライを使うことも多いのですが、このレッドスピナーも同じ理由で僕が多用するフライの一つです。
 オリジナルは英国の伝説的リバーキーパー、フランク・ソーヤー氏考案の「フェザントテイル・レッドスピナー」というパターンです。シンプルさゆえに非常に使いやすい、汎用性の高いドライフライだと言えます。
 レッドスピナーと言う通り、赤いスレッドが差し色になって印象的ですが、ボディのフェザントテイルの質感も「いかにも」と言う感じがします。

 ちなみにこの写真のフライは、ボディをフェザントテイルでなくターキーテイルを用いています。フェザントテイルよりターキーテイルの方が切れにくく、丈夫なことがその理由です。

【追記】
 4月のある日曜日、このレッドスピナーを使って渓流のニジマスをキャッチしました
 ライズフィッシングにも十分役に立つフライです!

コメント

このブログの人気の投稿

ルースニング?ウキ釣りニンフをやってみよう!

オイカワ専用ロッドは必要か?