2016年10月15日土曜日

オイカワのライズ

トラウトのシーズンオフになるとオイカワ釣りに出かけることが多いのですが、そう考える方は案外多いようで(?)この時期以降オイカワのフライフィッシングについてのお問い合わせをいただくことが多くなります。
また最近は初めてのフライフィッシングをオイカワから始めようという方もいらっしゃるようで、そういった方からの質問も頂くことがあります。

オイカワの場合、比較的都市部近郊の河川でも釣ることができるのでビギナーの方にもおすすめなのですが、オイカワを釣る一番のコツはライズを見つけることです、と伝えます。
ところが全く初めての方はライズと言ってもイメージがつかみにくいようなので今回は参考にしてもらおうと動画を撮ってみました。



オイカワは群れを作る魚なので、ライズがある場所にはたくさんあるし、いない場所には全くいないこともしばしばです。

是非ライズを探してオイカワのフライフィッシングも楽しんでください♪

*とりあえずオイカワフライフィッシングを楽しむのであれば、こちらのオイカワフライ・アソートメントが便利です。

***

【追記】

この日は、実はオイカワポイントの新規開拓に出かけたのでした。
僕が最近オイカワ釣りに良く行く釣場は、「オイカワの川」と呼んでいるトラウトも狙える里川の下流域か、もしくは多摩川の支流絡みなのですが、今回は多摩川のある支流の新しい場所です。

すすきの原を抜け・・・

クレソンが自生する流れ込みを横目に・・・

タヌキと思われる足跡を見付け・・・


たどり着いたポイントです!

良いでしょう♪

ここはもちろん都内です。それも新宿から1時間もかからないような住宅街のすぐそばです。
多摩川流域に限って言えば平成25年度末の下水道普及率は99.1%(東京都下水局による)となっており、さらに水質浄化設備の性能も非常に高いので、多摩川の水質はとても改善されています。

そんなことも影響しているのだと思いますが、探せばオイカワのサンクチュアリはあちこちに見つかるのかもしれませんね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

紅葉狩りとテンカラフィッシング

昨日(11/17)は米国から来日した台湾系米国人のジェイソン君と一緒に養沢毛鉤専用釣場へ行ってきました。 秋も深まり紅葉シーズンの間最中。渓を彩る秋の装いが目を楽しませてくれますね。