投稿

9月, 2014の投稿を表示しています

秋の奥日光【湯川編】(2/2)

イメージ
9月22日、23日とフィッシングシーズン最終盤の奥日光でフライフィッシングを楽しんできました。 2日目は湯川での釣りです。

秋の奥日光【湯の湖編】(1/2)

イメージ
9月22日、23日とフィッシングシーズン最終盤の奥日光でフライフィッシングを楽しんできました。 1日目は湯の湖での釣りです。

スピナー 釣果写真

イメージ
2014年9月22日 湯の湖(奥日光)
【ニジマス】

BHフェザントテイル・ニンフ BH Pheasant tail nymph 釣果写真

イメージ
2014年9月23日 湯川(奥日光)
【ブルックトラウト】

クシャクシャフライを復元する方法

イメージ
釣りに使ったフライを濡れたまま雑に保管しておくと、乾いた時に癖がついてしまい元の形をとどめていない・・・といったことが良くあります。 特にちょっと小さなケースに入れてしまったときなど、下の写真のように残念な形に・・・。
でも投げやりになってゴミ箱へ・・・なんてちょっと待ってください。 あっという間に元に戻す魔法の様な方法があるんです!

BHミッジラーバ 釣果写真

イメージ
2014年9月14日 桂川忍野
【レインボートラウト】
オイカワだけじゃありません。BHミッジラーバはちゃんとトラウトだって釣れるんです!(笑)

渓流と湖、両方満喫トラウトフライセット!

イメージ
来週、SNさんと某渓流及び湖へ釣行する予定です。
(*行ってきました!「秋の奥日光【湯の湖編】」
それにあわせてこの時期の渓流、そして湖で効果的なフライのアソートメントを準備しました。


シーズンを通して渓流で使える基本的なドライフライを中心に湖のライズフィッシングに使いやすいやや大きめのドライフライも加えました。
また、渓流はもちろんですがこれからのシーズン、湖ではカメムシ類のライズフィッシングに絶好の時期を迎えます。
湖でカゲロウ類のライズをドライフライで狙うのは案外難しいことがあるのですが、カメムシの釣りではライズが起きそうな場所にフォームビートルを浮かべて待つだけなので、比較的釣りやすいといえます。

また湖ではリトリーブの釣りとなることも多いため(いや、こちらがメインか?)、扱いやすいサイズのストリーマー、ウーリーバガーを加えています。

さて、あとは魚を釣るだけです。
シーズン終盤、秋の鱒釣りを楽しみましょう!

忍野にてニンフィング

イメージ
9月14日。NYさんと忍野へ鱒釣りに出掛けました。

このところ気温も随分下がってきたので、鱒たちもそろそろ夏のフライに飽きてきた頃かなと、普段持ち歩かないニンフボックスをバックに放り込んで出かけたのですが、コレが大正解♪

河口湖にて

イメージ
このブログの趣旨とは外れるのですが、楽しかったので簡単にレポートしておこうと思います。


9月11日にイタリア人のグループを河口湖にてガイドしました。
もっとも彼らは2組のカップルで、湖ではそれぞれボートに乗って行動したため、実際はガイドと言うよりもその日の釣行をオーガナイズすることが役割でしたが。

ビーズヘッドは光ってナンボ・・・?

イメージ
河口湖にてブルーギル釣り♪

水面に反応が悪い時、金玉ビーズヘッドニンフは頼りになるなぁ!

ガーグラー Gurgler、ガーグラー・ミジェット Gurgler Midget 釣果写真

イメージ
2014年9月4日 河口湖
【ブラックバス(ラージマウスバス)、ブルーギル】
ガーグラー・ミジェットは小バス、ブルーギルを釣るには絶大な効果を発揮します!

ターキー Turkey

イメージ
先月のカナダ旅行のお土産に、現地の友人からターキーの羽根をもらいました。 昨年末のクリスマスプレゼントにもらった「グラウス」に続く第2弾です! 春のターキー・ハンティングの獲物だそうで・・・コレが本当のワイルド・ターキーです♪


早速いくつかウェットフライをタイイングしてみました。