2013年11月25日月曜日

サシで勝負!?



私事ですが子供の頃から淡水小物釣りのファンでもあります。
生まれ育ったのが群馬県南部の田舎町だったこともあり、池や沼でマブナを釣り、利根川の浅瀬でオイカワやウグイを狙っていました。
ま、当時はオイカワやウグイ、それにクチボソなども全てひっくるめてフナ以外は「ハヤ」と呼んでいましたが(笑)。

そのハヤを釣る時の常套手段は玉ウキと「サシ」エサだったわけです。
「サシ」とはご存知の通りハエの幼虫で・・・、つまりウジムシのことですが、一説によるとサバに湧かせることから「サバムシ⇒サシ」と呼ばれるのだとか。

当パドルフリークスの完成フライでも、主にオイカワ釣り用として「ミッジ・マゴット」をご用意していますが、それは取りも直さず私自身が「サシ」エサを用いてのオイカワ釣りが大好きだったことに他ありません。

さて、先日も釣り仲間のNao氏と共にオイカワ釣りを楽しんだのですが、ちょっと面白い試みをして見ました。

2013年11月17日日曜日

オイカワドライ&オイカワニンフ 釣果写真

2013年11月16日 オイカワ
秋も深まり、活性が上がるのは昼近くになってから、となりました。
サイズは小さいですがまだまだ数は釣れますネ。

2013年11月16日土曜日

ミッジマゴット Midge Maggot 釣果写真

2013年11月16日 オイカワ(多摩川)


今日はカープ(コイ)フィッシングだったのですが、残念ながら活性低く・・・のため、オイカワフィッシングに変更となりました。
このところ冷え込みのキツイ日が多いですが、日中はまだまだ楽しめます。

2013年11月8日金曜日

2013年11月6日水曜日

巻く/タイイング/モンターヘ

ちょっとした閑話休題を一つ。

先日、「スペイン風ウェットフライ」について気になることがあって少々調べていたのですが、その際(ネット上で)スペイン人のフライフィッシャーマンと情報のやり取りを楽しみました。

Mosca ahogada.
直訳すれば「溺れるフライ」即ちウェットフライです。
テイル、ウィングをコック・ド・レオン。
ボディはシルクフロスとスレッドによるリビングのみの、非常にシンプルなフライです。
ソフトハックルに近いですね。
シンプルゆえに味わい深いフライだと思いませんか?

紅葉狩りとテンカラフィッシング

昨日(11/17)は米国から来日した台湾系米国人のジェイソン君と一緒に養沢毛鉤専用釣場へ行ってきました。 秋も深まり紅葉シーズンの間最中。渓を彩る秋の装いが目を楽しませてくれますね。